友の会読書サークルBooks

本の紹介「コケの謎」

「コケの謎 ゲッチョ先生、コケを食う」盛口満著、どうぶつ社、2008年7月、ISBN978-4-88622-339-5、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20081030】
●「コケの謎」盛口満著、どうぶつ社

 御存じゲッチョが、今度はコケについて書いた本。導入はいつもと同じ授業風景。いろんな生き物屋がいるという話からコケ屋の話が始まる。コケ屋のキムラにであって、最初はコケ屋に興味があったゲッチョが、だんだんコケ自体に興味を持ち。キムラに付きまとっているだけだったのが、やがて独りでコケに立ち向かって行くようになる。一人のおじさんが、コケに目覚めて独り立ちしていく過程を描いた成長物語である。
 近年のゲッチョ本の中では、出色の出来。のみならず、コケの魅力を伝える本としてもいい出来。事実これを読んで、自分でも身近なコケを見てみたり、とりあえず標本にしてみようかと思ってしまったくらい。

 お薦め度:★★★  対象:コケって顕微鏡とかでのぞかなあかんし、興味はあるけど、ちょっと面倒、と思っている人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]