友の会読書サークルBooks

本の紹介「孤独なバッタが群れるとき」

「孤独なバッタが群れるとき サバクトビバッタの相変異と大発生」前野ウルド浩太郎著、東海大学出版会、2012年11月、ISBN978-4-00-431374-8、2000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20130222】
●「孤独なバッタが群れるとき」前野ウルド浩太郎著、東海大学出版会

 フィールドの生物学シリーズ第9弾。90%近くは実験室での内容。フィールドの生物学ではない。いや、実験屋にとっては実験室ことがフィールドであるという主張かな?と思ったら最後になってモーリタニアに行く。それならモーリタニアを中心に書け!
 という突っ込みはさておき、どういう条件でサバクトビバッタが孤独相から群生相に変わるかを、実験室でいろいろと実験をくり返して解明していく物語。高価な機械は使わず、とにかく大量にバッタを飼育して、他に使うのはノギスと注射器とマニキュアなどなど。とにかくローテクで、中学生でも手が届きそうな実験で、次々と謎を解いていく。海外の有名な研究グループとの論争に勝つ様は格好いい。
 ただ、著者も認めているように、もちろん本人も真面目にがんばったんだろうが、師匠の田中誠二大先生の偉大さが際立つ。よき師匠との出会いはとても大切なんだなぁと思わせられる。たぶん師匠にとっても可愛い愛弟子なんだろうね。というわけで、師弟愛に溢れた1冊になっている。

 お薦め度:★★★★  対象:お金を使わないでも世界的な研究が出来ると励まされたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]