友の会読書サークルBooks

本の紹介「切っても切ってもプラナリア」

「切っても切ってもプラナリア」阿形清和文・土橋とし子絵、岩波書店、1996年12月、ISBN4-00-116314-4、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【田中久美子 20040226】
●「切っても切ってもプラナリア」阿形清和文・土橋とし子絵、岩波書店

 プラナリアを飼ってみるとかなり可愛い。うちで飼ってたのは、石ごと持ち帰る際、怪我をして目が再生されて、4つ目ちゃんだった。冬場だと水が腐りにくいので飼いやすい。井戸水で飼えたからラッキー! でも切り刻むなんて、なんとなく可哀そう…。そう思ってるうちに春になって暖かくなったら自分で5つぐらいに分裂した。すると水替えが大変! 何匹か流してしまい、次に水替えを一度忘れたら消滅していた…。
 えっ「切っても切ってもプラナリア」は?って?
 読んだらきっとプラナリアが飼いたくなります。描きやすいので観察記録も付けやすい。でも探すのは大変かも…。ぜひ読んでトライして!

 お薦め度:★★★  対象:小さい物が好きで世話好きな人

【六車恭子 20040227】
●「切っても切ってもプラナリア」阿形清和文・土橋とし子絵、岩波書店

 プラナリアは知らなくても、「ドラゴンボール」にでてくるナメック星人なら知っているあなたならこの本は楽しめそうです。 「切っても切ってもプラナリア」! 岐阜県の入間川でとったたった1匹のプラナ リアを実験室で増やして研究材料にしているという。小さな体のプラナリアではじめ る「再生のしくみ」を科学する手ほどきがこの本だ。分断されたプラナリアはまえと うしろががわかっている? 再生はつけたし、それともつくり直し?などなど、プラ ナリアへの質問が実験のバリエィションを拡げる。<実験による観察><観察結果から仮説をたてる><仮説を実験によって証明する>科学する手順が親切に解説されている!

 お薦め度:★★★  対象:本の後半の宿題を解いて科学者めざす君へ


[トップページ][本の紹介][会合の記録]