友の会読書サークルBooks

本の紹介「奇跡のリンゴ」

「奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家木村秋則の記録」石川拓治著、幻冬舎、2008年7月、ISBN978-4-344-01544-9、1300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【釈智恵子 20090422】
●「奇跡のリンゴ」石川拓治著、幻冬舎

 表紙のおやじの顔に惹かれて手に取った。元々はNHKの番組「プロフェッショナル」で取り上げられたリンゴ農家の話。心からの笑顔を浮かべるそのおやじは、無農薬にこだわり、土の力と自然の力を引き出して、腐らない奇跡のリンゴを生み出した。望みを達成した今では、決して楽ではなかった道のりを、笑って思い出すことができるだろうが、家族ならきっともうやめてくれと思ったと思う。心の葛藤を描いた部分にほんの少し冗長な印象を持ったが、それでも事実のすごさが、ライターの筆力によって高められ、まっすぐに届いた。そのリンゴが食べたい、この人に会いたい。

 お薦め度:★★★★  対象:がんばるおやじが好きな人・食べることが好きな人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]