友の会読書サークルBooks

本の紹介「寄生虫の世界」

「寄生虫の世界」鈴木了司著、NHKブックス、1996年3月、ISBN4-14-001764-3、1020円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20041030】
●「寄生虫の世界」鈴木了司著、NHKブックス

 現在日本ではあまり気にすることのなくなった寄生虫。でもこの本を読むと、まだまだ周りには寄生虫による病気は蔓延しているし、油断できないものだとわかる。海外に出かける機会の多くなった私たちは今までは人が踏み込まなかった地域まで活動圏を広げているし、免疫不全から発症する日和見感染はまさに現在の寄生虫症だろう。一方、それらの解明のために命をかけ寄生虫に自ら感染する寄生虫研究者の研究欲・使命感もすさまじい。
 でもこの本を読んで気にしはじめたら、刺身は食べられないし、海でも川でもプールでも泳げない。ましてや生き物を触って採集なんて・・・・。

 お薦め度:★★★  対象:寄生虫について勉強したい人。生き物を触る人は読んでおいた方が良いかも

[トップページ][本の紹介][会合の記録]