友の会読書サークルBooks

本の紹介「菌世界紀行」

「菌世界紀行 誰も知らないきのこを追って」星野保著、岩波科学ライブラリー、2015年12月、ISBN978-4-00-029645-8、1300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20160414】
●「菌世界紀行」星野保著、岩波科学ライブラリー

 雪腐病菌(ゆきぐされびょうきん)という耳慣れない名前のこの菌は,雪の下で繁殖し植物に感染、氷点下でも働く酵素を持つ。ピシウム、ボレアリス、イシカリエンシス、インカルナータ、各種の名前もややこしい。農家にとっては作物を枯らす病気の主なのだから、困りもの以外の何ものでもないが、この菌(とアルコール)を心から愛する著者は、しかめっ面を装いつつ心躍らせ、世界各地へと採集に向かう。北極圏では野生動物、ロシアではマフィア、南極では船酔い。行く先々で巻き起こる出来事や登場人物が、本人によるイラストとともに臨場感あふれるタッチ(カッコ書きの心情の吐露がとにかく多い)で描かれる。「その時代、その土地でしか感じられないような息遣いを伝えることができていたら」。伝わりましたよ、もちろん!雪腐の存在を心眼によって見抜く技(切手の図版から!)などは見倣いたいところ。

 お薦め度:★★★★  対象:旅は道連れ世は情け。シベリア鉄道にあこがれる旅好きなひと
[トップページ][本の紹介][会合の記録]