友の会読書サークルBooks

本の紹介「奇妙な菌類」

「奇妙な菌類 ミクロ世界の生存戦略」白水貴著、NHK出版新書、2014年4月、ISBN978-4-14-088484-3、780円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20160624】
●「奇妙な菌類」白水貴著、NHK出版新書

 菌類というと、何かおどろおどろしい、得体の知れないイメージがある。本書にはカラーの口絵写真が8ページあり、まさにイメージ通りの奇妙な菌類たちが並んでいる。色や形がさまざまなことはもちろん、毒を持つもの、宿主を乗っ取ってゾンビのようにして操るもの。中でも奇妙奇天烈なのは、花に化ける菌。寄生した植物に偽物の花を作らせ、本物よりも甘い蜜まで作って昆虫を呼び寄せ、精子を運ばせるという。丁寧すぎる。見事なトラップに私もまんまとおびき寄せられ、お財布を出してしまった。我々と同様、他の生物から栄養を得る必要がある菌類。あの手この手の生存戦略や、地球生態系を支える分解者としての能力を知らしめれば、もう「バイキン」なんて言わせない、とは著者の弁。

 お薦め度:★★★  対象:とらえどころのないところに魅力を感じてしまうひと
[トップページ][本の紹介][会合の記録]