友の会読書サークルBooks

本の紹介「風の中のマリア」

「風の中のマリア」百田尚樹著、講談社文庫、2011年7月、ISBN978-4-06-276921-1、552円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20120224】
●「風の中のマリア」百田尚樹著、講談社文庫

 オオスズメバチの1匹のワーカーの一生を軸に、オオスズメバチの暮らしぶりを描いた小説。主人公をはじめ昆虫たちは人の言葉をしゃべって、人間並みに思考するのだけど、擬人化は最低限に。できるだけ正確にオオスズメバチをはじめとする昆虫の生態を紹介している。
 血縁選択、ハチ類の性決定システム、オオスズメバチの生活史も分かる。ニホンミツバチ、セイヨウミツバチ、他のスズメバチ類との関係もわかる。なかなか盛り沢山で勉強になる一冊。小説のスタイルをとった勉強の本のような気がする。

 お薦め度:★★★  対象:昆虫の暮らしに興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]