友の会読書サークルBooks

本の紹介「火山はすごい」

「火山はすごい 日本列島の自然学」鎌田浩毅著、PHP新書、ISBN4-569-62226-7、740円+税


【注意1】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

【注意2】お薦め度は星の数で4段階で示しています。大雑把にその意味は、
         :薦めません       ★★  :読んでみてもいい
      ★★★ :けっこうお薦め     ★★★★:絶対にお薦め!

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【魚住敏治 20030218】
●「火山はすごい」鎌田浩毅著、PHP新書

 普通私たちが新聞やテレビで「火山」という言葉に接するのは、災害という非日常的な場合が多く、どうしても「恐ろしい物」という印象を持ちがちです。もちろんこの本でも火山の恐ろしさについては書かれています。でもそれ以上に、人知を越えた火山の「すごさ」「すばらしさ」について力を入れて書かれてあります。
 一つ一つの用語についても、簡潔に説明されていて、なおかつ教科書のように無味乾燥な物になっていません。おそらくそれは、筆者が実際に出会った5つの火山(阿蘇山、富士山、普賢岳、有珠山、三宅島)の実況中継として、臨場感をもって書かれているせいなのでしょう。ちょっと変わった理科の副読本としても面白いのではないでしょうか…。

 お薦め度:★★★  対象:火山に興味はあるけど、まったくなにも知らない人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]