友の会読書サークルBooks

本の紹介「カヤネズミの本」

「カヤネズミの本 カヤネズミ博士のフィールドワーク報告」畠佐代子著、世界思想社、2014年2月、ISBN978-4-7907-1613-6、2200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【冨永則子 20141005】
●「カヤネズミの本」畠佐代子著、世界思想社

 カヤネズミは草むらに棲む小さなネズミ。16年間のフィールドワークで出会ったカヤネズミの暮らしや、各地の調査で見聞きした出来事を写真とともにまとめた一冊。カヤネズミの生態そのものも興味深いが、調査と保護活動が同時進行でなされていく経緯がイマドキの事情を説明してくれている。一人の力は小さいが一人でも行動を始めないと生物多様性も共生もないんだなと思った。専門用語は意識的に少なくなっているので読み物として楽しめる。
 やや高価なので、ぜひ図書館で借りて下さい。

 お薦め度:★★★  対象:小さな生き物が好きな人に、ネズミは全て害獣だと決めつけている人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]