友の会読書サークルBooks

本の紹介「川のホタル 森のホタル」

「川のホタル 森のホタル」宮武健仁著、福音館書店たくさんのふしぎ2015年6月号、667円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20150826】
●「川のホタル 森のホタル」宮武健仁著、福音館書店たくさんのふしぎ2015年6月号

 川に住むゲンジボタル、田んぼに住むヘイケボタル、森に住むヒメボタルが紹介されています。どの写真も美しく、説明がいらないくらいです。圧巻は宵闇の森に光るヒメボタル。金色にかがやくことから、「キンボタル」という名前がつけられているそうです。あたたかな金色の光が木立のなかに浮かびあがり、たいそう幻想的です。この世のものとは思えないほどです。ぜひ本物を見てみたい。ホタルは里山に暮らす生きものです。この風景がなくなりませんようにと、祈りたくなる一冊です。

 お薦め度:★★★  対象:夏の宵の風情にあらがえないひと

[トップページ][本の紹介][会合の記録]