友の会読書サークルBooks

本の紹介「川はどうしてできるのか」

「川はどうしてできるのか」藤岡換太郎著、講談社ブルーバックス、2014年10月、ISBN978-4-06-257885-1、860円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20141214】
●「川はどうしてできるのか」藤岡換太郎著、講談社ブルーバックス

 「山はどうしてできるのか」、「海はどうしてできたのか」の続巻。今回は川の成り立ちを謎解きの形式で綴っている。この本を読んでいくつかの発見があった。その1.川とは必ずしも水が流れているとは限らないこと。その2.川は海にそそいでからも、海底谷を経て海溝に達しているのだ。その3.川は意外に大陸が分裂する前の流路を保っていること。大陸分裂の前は今よりもはるかに壮大な川が存在したのだ。その延長として、最後に著者は3つの大胆な仮説を提示している。すなわち、@天竜川はウスリー川とつながりロシアから流れていた!! Aアマゾン川はニジェール川から逆方向に流れていた!! B大陸には3大河ができる!! 本当?!

 お薦め度:★★★★ 対象:壮大な地球の歴史の一端に触れたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]