友の会読書サークルBooks

本の紹介「カタツムリの謎」

「カタツムリの謎」野島智司著、誠文堂新光社、2015年6月、ISBN978-4-416-11528-2、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20151225】
●「カタツムリの謎」野島智司著、誠文堂新光社

 カタツムリの周辺世界は狭い。のろのろとしか動けないのだからしょうがない。と思っていたら、鳥に食べられて運ばれて、死なずに移動(糞となって出る)できるものもいるらしい。とくに不思議だなぁと感じたのは歩き方。トゲの上や浅い水たまりは問題なし! 筋肉と粘液を使って前進しているようだけど、点状の足跡が残る謎の歩き方がある! ほかにも、天敵のヘビに襲われたらトカゲのようにしっぽを切る(再生できる)ものや、花の受粉を手伝うもの、カタツムリの殻だけに巣をつくるハチなど、たくさんの生きものたちとの関係が紹介されていて楽しい。カタツムリが命のつながりの一端を担っている姿が浮かび上がってくる。

 お薦め度:★★★  対象:カタツムリのことを見くびったことのあるひと
[トップページ][本の紹介][会合の記録]