友の会読書サークルBooks

本の紹介「カタツムリ ハンドブック」

「カタツムリ ハンドブック」武田晋一著・西浩孝解説、文一総合出版、2015年7月、ISBN978-4-8299-8130-6、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20151027】
●「カタツムリ ハンドブック」武田晋一著・西浩孝解説、文一総合出版

 カタツムリの手頃な図鑑である。カタツムリは他の生き物と違って移動範囲は小さく、生息域が限定されるので、その地特有の固有種が生まれることが多い。それだけに種類も豊富で、全国に800種はいるという。本書ではそのうち150種ほどが掲載されている。まず、広域種が紹介されるが、広域種はきわめて少なく17種あるのみである。広域種以外の多数のカタツムリは地域限定の「ご当地カタツムリ」である。カタツムリも本当に千差万別である。実際に現物を見て種を特定するのは至難のわざだろう。所々にコラムが設けられている。「カタツムリと水中のタニシとどこがちがうのか」「キセルガイとハゲ!?」「黒いカタツムリの謎」など興味深い話が盛り込まれている。文字は小さいが中学生以上なら読める。

 お薦め度:★★★  対象:虫好き中学生から

[トップページ][本の紹介][会合の記録]