友の会読書サークルBooks

本の紹介「カラスの常識」

「カラスの常識」柴田佳秀著、子どもの未来社寺子屋新書、2007年2月、ISBN978-4-901330-73-2、838円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20151029】
●「カラスの常識」柴田佳秀著、子どもの未来社

 JR線路への置き石犯のカラス、前年に巣を撤去された恨みを晴らすため、列車転覆を謀った!?幼稚園手洗い場の石鹸盗難事件、花壇の草花引き抜き事件、そこにはいつもカラスがいた。古くから人の近くで暮らしてきたカラス。童謡に歌われるほど人とカラスは仲良くやってきたはずなのに、最近は悪者にされがち。それは私たち人間が野生動物との付き合い方を忘れてしまったから。同じ土地に暮らす者同士として、まずは相手を知ることから始めよう。食生活や子育てから遊びと思われる行動、ゴミを荒らされないようにするための指南まで解説。著者は自然番組を制作するジャーナリスト。カラスの巻き起こす「事件」に明るく迫る。

 お薦め度:★★★  対象:好奇心が世界を救うと信じるひと

[トップページ][本の紹介][会合の記録]