友の会読書サークルBooks

本の紹介「カラスの補習授業」

「カラスの補習授業」松原始著、雷鳥社、2015年12月、ISBN978-4-8441-3686-6、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西本由佳 20160220】
●「カラスの補習授業」松原始著、雷鳥社

 カラスに関するいろいろな話を、最近の研究成果を参考にして語っている。カラスはなぜ黒い?カラスの脚はどうなっている?カラスは賢い?など。他の人の研究を引きながらも、自分が観察した事例を付け加えて、難しくなりがちな研究の世界を、身近なものにしている。ハシブトガラスの、体に対して不釣り合いに大きいくちばしについて、小さいのに大砲だけむやみに大きくした戦車に例えて、ハシブトガラスのスカベンジャーとしてのニッチを解説したところは、これが妄想なのかちゃんとした考察なのかは判断できないが、こんな見方もあるのだなとおもしろかった。

 お薦め度:★★★  対象:カラスが気になる人
[トップページ][本の紹介][会合の記録]