友の会読書サークルBooks

本の紹介「カラスはなぜ東京が好きなのか」

「カラスはなぜ東京が好きなのか」松田道生著、平凡社、2006年10月、ISBN4-582-52731-0、1800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20070629】
●「カラスはなぜ東京が好きなのか」松田道生著、平凡社

 東京の六義園周辺で、2000年から5年ほどにわた調査結果をもとに、カラスの繁殖生態と人との関わりを紹介。データを基にして、過去のカラス研究の成果も踏まえ、現時点で日本で一番しっかりしたカラスの紹介本といっていいだろう。
 観察してると、カラスにすぐに覚えられてしまい、なわばりに入るやいなや威嚇を受けたり、騒がれたりするらしい。その反応の仕方が個体によって違うのだと言う。カラスの行動から個体識別ができてしまうというのが面白い。
 後半では、やむを得ず、カラスの巣落としに関わる経緯などが紹介される。そこまでカラスを目の敵にしなくてもいいだろうに、と思うくらい東京では熱心にカラスの巣を落とすらしい。人の反応の方に、パニックに近い異常を感じてしまうほど。巣落とし効果に対しても、そのやり方次第ではあまり効果がないことを、データを示している。カラスとのつきあい方を考えるにも最適の本。

 お薦め度:★★★★  対象:鳥の研究に興味のある人、あるいはカラスは恐いと思っている人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]