友の会読書サークルBooks

本の紹介「カラスはどれほど賢いか」

「カラスはどれほど賢いか」唐沢孝一著、中公新書、ISBN4-12-100877-4 、700円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20030220】
●「カラスはどれほど賢いか」唐沢孝一著、中公新書

 カラスのすべてを扱った本。とくに、カラスの興味深い行動や生態が数多く紹介されている。タイトルは中味とあまり関係ない。
 東京のカラスを中心に、集団ねぐら、行動圏、営巣、食性、貯食といった行動・生態的な話題から、人との交流、害鳥としてのカラス、文学や神話の中のカラスまで、話題は多岐に渡る。しかし、全体にはあまり脈絡がなく、著者の主観的なカラスの理解にイライラする部分も少なくない。
 描かれているのは、おもに十数年前の東京のカラス。この本を読んでから、現在の大阪のカラスを改めて見ると、さまざまな発見ができるかも。
 
 お薦め度:★★  対象:カラスの行動に興味を持っている人


[トップページ][本の紹介][会合の記録]