友の会読書サークルBooks

本の紹介「金沢城のヒキガエル」

「金沢城のヒキガエル」奥野良之助著、どうぶつ社、1995年9月、ISBN4-88622-285-4、2136円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【六車恭子 20050420】
●「金沢城のヒキガエル」奥野良之助著、どうぶつ社

 本書は金沢城に生息するヒキガエルを9年にわたり追跡調査し、ついにその集団が消滅するに至るまでの記録である。その個体識別されたデーターを屈指して、ヒキガエルの社会の全容を解き明かす手際に、著者の面目躍如たるものを見る。
 冬ごもりから目覚めて4月初旬に訪れるたった10日間の繁殖期は春眠、夏眠とひたすら眠りに明け暮れる彼らにとってまさにカーニバルのようだ。ヒキガエルの卵の孵化率は90%、しかし変態を果たした子カエルの死亡率は97%、私たちが目にする立派なヒキガエルにも厳しい死の洗礼が待ち受けているのだ。ヒキガエルの競争なき社会を見た著者は学問する場や取り巻く社会にヒキガエル的視点をかざして見る。「金沢城のヒキガエル」は著者そのものであったと不思議に納得してしまえるのだ。

 お薦め度:★★★★  対象:カエル好き、生き物好きはもちろん、生態学の調査に興味のある人、さらには変人が好きな人、もしかしたら伝記物が好きな人にも

[トップページ][本の紹介][会合の記録]