友の会読書サークルBooks

本の紹介「神々の花園」

「神々の花園」澤野新一朗著、福音館書店たくさんのふしぎ2015年11月号、667円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20160517】
●「神々の花園」澤野新一朗著、福音館書店たくさんのふしぎ2015年11月号

 南アフリカ西部にあるナマクアランドは、一年の大部分は乾燥しきった砂漠だけど、春の短い間だけ一面の花畑が現れ、4000種以上の色とりどりの花が咲き誇る。美しい花園の写真がとても綺麗。それだけではなく、同じ場所を撮影して、荒涼とした砂漠が花園に変わる様子、同じ場所であっても年によって色の配置が違ってる、車のわだちが違った花で縁取られる。といったように、美しいだけでなく、花園のさまざまな側面も見せてくれる。
 とまあ花園の写真は素晴らしいのだけど、最後の方の6ページで花に来る虫や、花園にやってくる動物が間違いだらけなのが残念。「ヨウレイ類のハーテビーストのなかま」(レイヨウ!)、ハイラックスに「イワネズミ」(それを言うならイワダヌキ)、アマサギ1羽+クロトキ6羽の群れの説明が「…サギの群れ」、花園にくる動物として「シカのなかまなど」(アフリカ大陸南部にシカはいない…)。ここまでとてもよかったのに、これで台無し。間違いだらけの本は、子どもに薦められない。とても残念。

 お薦め度:★  対象:動物の説明の間違いに気付く人のみ
[トップページ][本の紹介][会合の記録]