友の会読書サークルBooks

本の紹介「カメムシ おもしろ生態と上手なつきあい方」

「カメムシ おもしろ生態と上手なつきあい方」野澤雅美著、農文協、2016年3月、ISBN978-4-540-15223-8、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【冨永則子 20170420】
●「カメムシ おもしろ生態と上手なつきあい方」野澤雅美著、農文協

 くさい虫、嫌われ者に象徴されるカメムシは、昆虫の中でも変化に富み種類も多く、今だに謎も多いグループなんだそうだ。虫が苦手な私は、あの臭いの虫ぐらいの認識だったので、水生・陸生・両生と生育環境が多様で、あらゆる環境にカメムシ存在することに驚いた。なにより驚いたのは、あのアメンボもカメムシだったこと。そういえば、アメンボは飴のニオイがするって聞いたことがあったなぁ。いいニオイ(?)のカメムシってことかな?本著では、農作物を食害する害虫でもあるカメムシだが、その生態を理解することで、どう駆除し、防除するか、どう上手く付き合っていくかを考えていく。カメムシの見つけ方や捕まえ方なども具体的で、探してみようかなと思った(ただし、見るだけね!)。

 お薦め度:★★★  対象:昆虫採集といえば蝶やトンボ、カブトムシと思ってる人に
[トップページ][本の紹介][会合の記録]