友の会読書サークルBooks

本の紹介「カケスの森」

「森の新聞11 カケスの森」中村浩志著、フレーベル館、1998年1月、ISBN4-577-01849-7、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20050514】
●「カケスの森」中村浩志著、フレーベル館

 カケスは里山の再生に大きく貢献している。「カケスがどうして?」と思われる人はぜひ、この本を手に取ってみられるといい。
 カケスは、ミズナラなどの果実(どんぐり)を食べるだけでなしに多くを土の中に隠す習性がある。著者は信州の実験センターで、カケスの行動を細かく調査する。カケスの〈賢い行動〉が見えてくる。さすが〈カケスはカラスの仲間〉と再認識させられる。最後に、〈どんぐりの森〉が維持されることが、カケスや野生動物、ひいては人間にとっても大切であることを著者は訴えている。
 写真が豊富で文章もやさしい。

 お薦め度:★★★  対象:小学校中学年から

[トップページ][本の紹介][会合の記録]