友の会読書サークルBooks

本の紹介「貝のミラクル」

「貝のミラクル」奥谷喬司編著、東海大学出版会、1997年10月、ISBN4-486-01413-8、2500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【魚住敏治 20041020】
●「貝のミラクル」奥谷喬司編著、東海大学出版会

 貝と言えば二枚貝と巻貝、そんな単純なイメージしか持っていませんでした。でも海、川、陸と色々な場所に住み、大きさも大、中、小、そして微少貝まで。形態もあるはずの貝殻のないものまでいる。さらにその彼、彼女らは、生き残るために、色々な戦略で自然にはたらきかけている。そんな様子が、それぞれの執筆者によって語られています。
 章ごとの文の長さはバラバラ、文体も読みやすいものから読みにくいものまで千差万別。でも好きな所を拾い読みしていくだけでも、執筆者の研究の苦労や楽しみが直接伝わってくるような一冊です。

 お薦め度:★★★  対象:貝のことを楽しみたいと思っている方

[トップページ][本の紹介][会合の記録]