友の会読書サークルBooks

本の紹介「飼い喰い」

「飼い喰い 三匹の豚とわたし」 内澤旬子著、岩波書店、2012年2月、ISBN978-4-00-025936-4、1900円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【六車恭子 20120629】
●「飼い喰い」内澤旬子著、岩波書店

 皮膚感覚で世界を探る内澤ワールドがたどり着いた究極の体験ルポだろうか!韓国の仁寺洞で美本をあさっていた駆け出しの頃、それからアジアのトイレ事情を探る旅を経て、「世界屠畜紀行」で彼女の詳細なイラストと文による内澤マールドはひとつの極点を見る。さてその先は、と注目していると、それは何かしっぺ返しのような様相を帯びて提出された。世界をつかむ内なる旅を実現するならかくありなん、汗と日々の労働と命に至る循環の物語である。そこには彼女の行為を見守り、助言し、夢を共有しようとする仲間たちの絆にあふれている。「伸、夢、秀」と呼ばれた三匹の豚たちが韓国、タイ、フレンチに変身し体内をめぐり、豊かな食卓へと昇華して終わるのだ。ふれあったもの総てに訪れる至福の時間、とでも呼べるだろうか。伸の頭蓋と並ぶ著者の写真はまるで愛児と並ぶ風情である。世界の豊かに気づく一冊である。

 お薦め度:★★★★  対象:日々の暮らしからアンニュイを追放したい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]