友の会読書サークルBooks

本の紹介「カイアシ類・水平進化という戦略」

「カイアシ類・水平進化という戦略 海洋生態系を支える微小生物の世界」大塚攻著、NHKブックス、2006年9月、ISBN4-14-091069-0、1071円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20070817】
●「カイアシ類・水平進化という戦略」大塚攻著、NHKブックス

 カイアシ類といえば、よく知られているのはケンミジンコの仲間。てっきり淡水の動物かと思いきや、その分布の中心はむしろ海。海で大繁栄しているグループなのだ。我々が食べている多くの魚は、カイアシ類を食べて暮らしていると言ってもいいくらい。密かに我々の生活との関わりも深いのだ。さらに寄生性の種も多く、種数の多さ、現存量の多さ、生活史・形態の多様性、どれをとっても恐るべき存在なのだ。
 第1章は、カイアシ類の進化の歴史が語られる。おもしろいけど、進化に興味の少ない人には退屈かも。第2章以降は、進化を意識しつつも、カイアシ類の多様な形態・生態が紹介される。生物の多様性に興味があるなら、かなり楽しめるはず。

 お薦め度:★★★  対象:生物の多様性に興味のある人、へんな生き物好きにも

[トップページ][本の紹介][会合の記録]