友の会読書サークルBooks

本の紹介「科学の目 科学のこころ」

「科学の目 科学のこころ」 長谷川眞理子著、岩波新書、1999年7月、ISBN978-4-00-430623-8、740円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20120227】
●「科学の目 科学のこころ」 長谷川眞理子著、岩波新書

 雑誌『科学』に1996年から1999年にかけて連載したエッセイをまとめたもの。10年ちょっと前に書かれたエッセイは、いま読むと少し古い。でも、本質的な部分は何も変わらない。
 科学の専門家でない人が、科学とどうつきあうべきか、科学リテラシーはどうあるべきか。というのが、テーマ。阪神淡路大震災にふれている部分は、今なら東日本大震災に変わるんだろう。東日本大震災の後、とくに原発事故を受けて、ここに書かれている科学リテラシーの問題はより一層重要になった気がする。いま書いたらどうなるのかな?と思ったりする。

 お薦め度:★★★  対象:科学に興味はあるが、科学者でない人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]