友の会読書サークルBooks

本の紹介「カエルが消える」

「カエルが消える」キャサリン・フィリップス著、大月書店、ISBN4-272-44027-6、2400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【早川友康・和田岳 20021220】
●「カエルが消える」キャサリン・フィリップス著、大月書店

 昔はどこにでもいたカエルたちが今減少し絶滅しようとしています。そこで世界中の両生類研究者が、なぜカエルが減っているのかをつきとめ、カエルの減少をくい止めようと調査を始めました。その原因は、水辺の乱開発?乱獲?外来種?酸性雨?オゾン層破壊による紫外線の影響?
 ジャーナリストである著者が研究者に取材して、世界各地の絶滅の危機にあるカエルを紹介したもの。カエルを通じて世界の環境問題が見えてくる。残念ながら、カエルの未来は、明るくはなさそう。

 お薦め度:★★★★  対象:環境問題に関心のある人


[トップページ][本の紹介][会合の記録]