友の会読書サークルBooks

本の紹介「カビ図鑑」

「カビ図鑑 野外で探す微生物の不思議」細矢剛・出川洋介・勝本謙著・伊沢正名写真、全国農村教育協会、2010年7月、ISBN978-4-88137-153-4、2500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【多田裕巳子 20101029】
●「カビ図鑑」細矢剛・出川洋介・勝本謙著・伊沢正名写真、全国農村教育協会

 表紙デザインはカワイく、コドモ向け?という感じながら、中身は探究心を満足させてくれる一冊。カビといえば、お風呂場や数日間放置したお弁当箱、忘れてたミカンなど、嫌われ者のイメージしかないが、ライフサイクルの面白さ、野外で見られるいろいろな姿、生活に役立つ姿などをわかりやすく解説。「カビさん、今まで誤解してましたー」と素直な気持ちになれる。
 解説は専門的な部分もあり内容は濃い目だが、図鑑ならではの多数の写真のおかげで苦しくない。文字嫌いの人も騙されて読みそう。
 この本の注目ポイントは、ざくっと読んで、「何かやってみたいっ!」と思った読者の心を離さないところ。「水の中のカビを釣る」、「土の中からカビを呼び出す」、「動物の糞に生えるカビを観察する」といった、好奇心を刺激する数々の実験観察の方法がいろいろ詳しく載っている。
 さらに、カビ集めのノウハウにコツ、観察の仕方、記録のつけ方、写真撮影のわかりやすい説明もあり、カビの世界へはまっていきそう。

 お薦め度:★★★  対象:小学校高学年くらいから大人まで

[トップページ][本の紹介][会合の記録]