友の会読書サークルBooks

本の紹介「地震予知の科学」

「地震予知の科学」日本地震学会地震予知検討委員会編、東京大学出版会、2007年5月、ISBN978-4-13-063706-0、2000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20080625】
●「地震予知の科学」日本地震学会地震予知検討委員会編、東京大学出版会

 地震予知と聞けば、できればいいけどどうせできないのでしょ、と多くの人は冷ややかに見てしまうでしょう。しかし、実は地震予知はすぐできるところに来ているのですよ。例えば津波予報。何気なく聞いていることが多いけど、あれは地震観測網が発達しているからこそなしえる技。まだまだ問題も多いけど、一昨年から始まった緊急地震速報もしかり。兵庫県南部地震以降、急速に整備が進んだ地震観測網のおかげで、(特にプレート境界型の)地震の仕組みや予兆が捉えられるようになりました。そしてそれが、確実に地震防災につながってくれることを実感させてくれます。「はじめに」の最後にある「今、われわれは意外とすごいことを知っているんですよ、皆さん」という1文が、著者らの実績に対する自信のように感じられます。

 お薦め度:★★★★  対象:地震大国日本に住む高校生以上

[トップページ][本の紹介][会合の記録]