友の会読書サークルBooks

本の紹介「人類とカビの歴史」

「人類とカビの歴史 闘いと共生と」浜田信夫著、朝日新聞出版、2013年6月、ISBN978-4-02-263002-5、1400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【釋智恵子 20131024】
●「人類とカビの歴史」 浜田信夫著、朝日新聞出版

 冷蔵庫に長く入れておいたあんなやつやこんなやつに出現し、お風呂場のタイルの目地を黒くして、洗濯槽の見えない裏側にも潜んでいる。ブルーチーズを喜んで食べていながら、カビってイヤだなという印象しかなかった。高温多湿なところにしか出てこないと思っていたカビが、実は、乾燥を好んだり、南極で出てきたり、酸性やアルカリ性にも負けないし、界面活性剤だって栄養にする、多種多様な生き物だった。そんなたくさんのカビの中、人の近くに出現するのは種類が限られているらしい。人との暮らしの中で自分の居場所を見つけたカビたちだ。
 長年、研究所で市民からのカビ相談を受けて来た著者が語るカビは、この家の中のカビが中心で、カビの暮らしだけではなく、洗濯した後は洗濯機のふたをすぐ閉めない方がいいとか、掃除機は長い時間かけてもカビを吸い取る効果は増さず軽くささっとかけた方がいいとか、カビ対策の生活の知恵もところどころ語られるのが楽しい。語り口も軽くわかりやすく、家事をする人におすすめしたい。カビと人との切っても切れない縁に気づくはず。

 お薦め度:★★★★  対象:家事をする人、家の中のカビが気になる人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]