友の会読書サークルBooks

本の紹介「地面の下のいきもの」

「地面の下のいきもの」松岡達英絵・大野正男文、福音館書店、ISBN4-8340-0800-2、1300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【早川ひろみ 20020814】
●「地面の下のいきもの」松岡達英絵・大野正男文、福音館書店

 まちの中でくらしていると、1日中土をふまないですごすことなんてとってもかんたんだよね。だけど土の中をいったんのぞいてごらん。そこにはとってもすてきな世界が広がっているよ。
 アリさんたちやモグラさんたちが、すをつくっているだけではないよ。木のねっこのあるところには、ねっこを食べる生き物がいて、畑の下にはやさいを食べる生き物がいるの。水辺にはカワセミっていうきれいな鳥がすをつくっているよ。
 広い広いじめんの下にはこんな世界がいっぱい広がっているの。この本にはそんな世界がとってもやさしい絵で画かれているよ。

 お薦め度:★★★★  対象:絵本が読めるようになればすぐ


【瀧端真理子 20020909】
●「地面の下のいきもの」松岡達英絵・大野正男文、福音館書店

 クロヤマアリ、アブラゼミ、ハタネズミ、アズマモグラ、カワセミなどなど、たくさんの生き物たちが、地面の下をずーっと進んでいきます。私たちが普段見ることのできない土の下の世界でも、たくさんの生き物がたまごを産んだり、エサをためたり、さなぎになったり。池の下も、実は地面。一つ一つの生き物に、簡単な説明がついているので、気になる生き物の所だけ読んでいくことができます。子どもだけでなく、大人にとっても、未知の世界を知るよいきっかけになる本でしょう。

 お薦め度:★★★  対象:長い絵本を読みたくない人


[トップページ][本の紹介][会合の記録]