友の会読書サークルBooks

本の紹介「ジャガイモの世界史」

「ジャガイモの世界史 歴史を動かした「貧者のパン」」伊藤章治著、中公新書、2008年1月、ISBN978-4-12-101930-1、840円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【魚住敏治 20080625】
●「ジャガイモの世界史」伊藤章治著、中公新書

 インカ帝国、アイルランド紛争、フランス革命、産業革命、世界大戦など、学校の歴史の授業でならいそうな出来事が人々の悲惨な様子とともに語られています。となると副題の『歴史を動かした貧者のパン』ジャガイモがどのような役割をはたしているのかが楽しみなところですが、残念ながらそのかかわりかたがよくみえてきません。
 そもそも第一章の北海道のジャガイモを語るのに、そんなに足尾銅山を語る必要があったのかなという気がします。
 第8章は日本のジャガイモ栽培の歴史が簡潔にまとめられていますが、これも副題からみるとしっくりときません。

 お薦め度:★★  対象:

[トップページ][本の紹介][会合の記録]