友の会読書サークルBooks

本の紹介「じゃがいものふるさと」

「じゃがいものふるさと」山本紀夫著、福音館書店「たくさんのふしぎ」2008年2月号、667円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20080626】
●「じゃがいものふるさと」山本紀夫著、福音館書店「たくさんのふしぎ」2008年2月号

 今や各国で食料としてたくさん利用されているじゃがいもは、ヨーロッパをはじめヒマラヤ高地やアフリカのエチオピア高原などの高冷地でもたくさん栽培されている。そのひみつはどこにあるのだろうか。
 じゃがいものふる里は、標高4000mもあるアンデス・ティティカカ湖の周辺だという。ここには今も野生のじゃがいもが育っている。しかし、そのままでは食べられない。食料となるように長年改良を加えてきたアンデスの人々の努力の結果今のジャガイモがある。
 後半では、じゃがいもの歴史をはぐくんできたアンデスのじゃがいも生産の様子がふんだんに写し出されている。アンデス高地のすばらしい景色と共に、じゃがいも栽培を中心とした人々の姿がたくましく描き出されている。

 お薦め度:★★★  対象:地理好きの小学5年以上

[トップページ][本の紹介][会合の記録]