友の会読書サークルBooks

本の紹介「いたずらカメムシはゆかいな友だち」

「いたずらカメムシはゆかいな友だち」谷本雄治文・つだかつみ絵、くもん出版、2006年9月、ISBN4-7743-1178-2、1300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20061019】
●「いたずらカメムシはゆかいな友だち」谷本雄治文・つだかつみ絵、くもん出版

 カメムシは「くさい虫」の代表格。しかし、宝石のように光り輝く種など美しい種もいる。この本はカメムシの魅力にとりつかれた著者が、自らの観察にもとづいて楽しいカメムシ物語を綴っている。
 著者はまず,「カメムシはなぜくさいのか」の研究に挑む。これがまたユニークだ。カメムシは体の小さな穴からくさいにおいの液を放出している。そのくさい臭い〈集合フェロモン〉は、仲間を呼び寄せる合図だという。おかげで人間に悪用されて一網打尽にされてしまうらしい。 カメムシはあの小さな口先で固い皮をまとった果樹から樹液を吸う。秘密の〈武器〉が威力を発揮する。カメムシの子育てもなかなかのもの。カメムシにまつわる興味ある話題がつきない。

 お薦め度:★★★  対象:小学生5年以上

[トップページ][本の紹介][会合の記録]