友の会読書サークルBooks

本の紹介「異端の植物「水草」を科学する」

「異端の植物「水草」を科学する」田中法生著、ペレ出版、2012年8月、ISBN978-4-86064-328-7、1700円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20130424】
●「異端の植物「水草」を科学する」田中法生著、ペレ出版

 一旦陸に上がりながら、再び水中に戻った植物「水草」。実は、特異な分類群のみが戻ったのではなく、多岐にわたる分類群から「水草」は進化している。なぜ水中に戻ったのか?なぜ水中で生きられるのか?どのように繁殖するのか?本書は、このような水草の興味深い適応と分布、そして衰退の現状が要領よくまとめられている。特に、水中にいることを利用した繁殖方法の進化には舌を巻く。更には水草と人間の関わり合い、保全についても触れられている。水草にまつわるトピック、水草の位置を示す植物の系統樹、世界の水草リスト、水草の観察法などが付録されており、便利である。

 お薦め度:★★★  対象:水中でたくましく生きる水草の魅力を知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]