友の会読書サークルBooks

本の紹介「イルカを食べちゃダメですか?」

「イルカを食べちゃダメですか? 科学者の追い込み漁体験記」関口雄祐著、光文社新書、2010年7月、ISBN978-4-334-03576-1、740円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20101029】
●「イルカを食べちゃダメですか?」関口雄祐著、光文社新書

 「The Cove」で一躍有名となった和歌山県太地のイルカ追い込み漁とその歴史、そして捕鯨・鯨食などの文化についての著者の主張を書いた本。著者はイルカの行動学の研究者として、そして水産庁調査員として、太地で長年イルカ漁に関わってきた。1・2章はイルカ漁の体験記、3章は太地を中心とした捕鯨の歴史、4〜6章はイルカの飼育や食べること、捕鯨に関する著者の主張という構成。1・2章のイルカ漁に関する記述はとても生き生きしていて、「The Cove」で描かれているであろうイルカへの残虐行為とは無関係に思えるものだ。
 著者の一部の主張(水銀汚染の健康被害の問題、飼育の問題など)には首をかしげる部分もあるが、一番納得したのは、現状では北極海や南極海での“調査捕鯨”やめ、捕鯨は日本近海で行うべきだ、という点。そして、どうせ税金を投入して行う“調査捕鯨”なら、その肉は無料もしくは安価で提供しろいう点だ。関西人としては鯨肉を安く食べられるなら、もっと食べるけどねえ。

 お薦め度:★★★  対象:鯨肉を食べたことがある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]