友の会読書サークルBooks

本の紹介「イルカと泳ぎ、イルカを食べる」

「イルカと泳ぎ、イルカを食べる」川端裕人著、ちくま文庫、2010年8月、ISBN978-4-480-42744-1、800円+税
=「いるかとぼくらの微妙な関係」川端裕人著、時事通信社


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20110217】
●「イルカと泳ぎ、イルカを食べる」川端裕人著、ちくま文庫

 自然・生態系の保全志向として、“人間中心か否か”、“全体か個体か”の縦横2軸に基づき、著者は「一般的な自然保護」(第一象限)、「ディープエコロジー」(第二象限)、「アニマルライツ」(第三象限)および「動物愛護」(第四象限)と定義した。本書は、これら様々な立場からイルカとつきあっている様々な例を紹介し、自ら第一象限に属すると言う著者の目を通した“正論”を展開している。最初、「イルカとぼくらの微妙な関係」(1997年)として出版され、今回の再販にあたり、いくつかの章が抹消され、“長いあとがき”が追加された。追加はより状況の理解を助けているが、タイトルは前のほうがよかったように感じる。

 お薦め度:★★★  対象:イルカに関心を持つ全ての人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]