友の会読書サークルBooks

本の紹介「イマドキの動物 ジャコウネコ」

「イマドキの動物 ジャコウネコ 真夜中の調査記」中島啓裕著、東海大学出版会、2014年8月、ISBN978-4-486-01995-4、2000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20141219】
●「イマドキの動物 ジャコウネコ」中島啓裕著、東海大学出版会

 若手研究者が熱帯に出かけていって、先輩にお世話になりつつ、苦労してフィールドを開拓し、現地の人とコミュニケートし研究を進める。という、このフィールドの生物学シリーズの定番の一冊。ボルネオに行って、パームシベットを研究する。
 果実食のパームシベットは、かなり重要な種子散布者として機能しているらしい。パームシベットは、原生林よりはむしろ人の手の入った林に多く、プランテーションを上手に利用しているらしい。熱帯の里山の林の研究をしているようなイメージ。パームシベットの生態や種子散布者としての機能は興味深い。でも、全体的に本としてみれば、このシリーズでよくあるパターンという感じは否めない。そして、真面目にデータを出し過ぎ。印象に残ってるのは、ゾウに追い掛けられ弾き飛ばされた話。ゾウは怖いなぁ。

 お薦め度:★★  対象:食肉類による種子散布に興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]