友の会読書サークルBooks

本の紹介「生物から見た世界」

「生物から見た世界」ユクスキュル・クリサート著、岩波文庫、2005年6月、ISBN978-4-00-339431-1、660円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20140425】
●「生物から見た世界」ユクスキュル・クリサート著、岩波文庫

 中身はタイトル通り。動物は、それぞれの感覚世界に生きていて、動物の行動を理解するには、それぞれの感覚世界の理解が欠かせない。てな主張が展開される。そこには現代の研究者が見過ごしている重要な側面があるように思えてならない。
 書かれた時代が古いので、中身に古い部分も多い。序章にある機械論と力動論の対立は今読むとなんのことやら分からない。ややこしい特殊用語も多い。でも、それをかき分けて読み進めるだけの価値はある。
 原著は1933年に書かれた。日本での最初の訳本の出版は1970年。この本を初めて読んだのは、たぶん1980年代半ば。詳しくは覚えてないが、心に残る1冊だった。30年ぶりに再読して、がっかりだったら嫌だなと思ったけど、やっぱり色々と刺激になる。すごい本だなぁ。

 お薦め度:★★★  対象:動物がどんな世界に暮らしているか知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]