友の会読書サークルBooks

本の紹介「ヒョウタン文化誌」

「ヒョウタン文化誌 人類とともに一万年」湯浅浩史著、岩波新書、2015年9月、ISBN978-4-00-431564-3、760円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【上田梨紗 20160812】
●「ヒョウタン文化誌」湯浅浩史著、岩波新書

 ヒョウタンについて考えたことなど、ない。まったくない。だが人類の生息地域拡大や文化の発展に必要不可欠だったと聞けば話しは別だ。
 あなたは、驚くだろう。古代から世界中でこれほどまでに活用(愛用)されていた。いや、いることに! 実用品としてはスプーンからサメよけまで幅広く、宗教思想(伏羲と女?)、音楽、ファッション、芸術とオールマイティーに活躍してくれるヒョウタンは、まるでリオオリンピック体操日本代表の内○選手のようだ。
 ただし、ヒョウタンの生態について詳しく学びたい方や自然界でのヒョウタンについて興味のある方は、肩透かしをくうことになるので気をつけてほしい。なぜならこの本は、ヒョウタンと人類の一万年にも及ぶ相利共生(…のはず)を知ることのできる一冊なのだ!

 お薦め度:★★★  対象:ヒョウタンについてある程度知識がある人、人間の文化に興味のある人
[トップページ][本の紹介][会合の記録]