友の会読書サークルBooks

本の紹介「百虫譜」

「百虫譜」奥本大三郎編著、平凡社ライブラリー、1994年4月、ISBN4-582-76047-3、971円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20031024】
●「百蟲譜」奥本大三郎編著、平凡社ライブラリー

 「百蟲譜」は“虫”を何らかの形で対象とした小説を集めたものである。小説家たちは虫をどのように見ているか、どのように表現しているか、どのような思想を持っているか、対象物を虫という一つに絞っているため、その比較ができて非常に興味深い。日本の作家たちだけに着目するなら、明治・大正・昭和と表現としての小説が変化していくのがよくわかる。やはり、夏目漱石、芥川龍之介は時代のターニングポイントだと実感できる。“虫”というちっぽけなものを通して人(小説家)はどのように感じ考えるのか、それを知るいい作品集である。
 
 お薦め度:★★★  対象:虫が苦手でない小説好き、寝る前にゆったりと

[トップページ][本の紹介][会合の記録]