友の会読書サークルBooks

本の紹介「北海道化石が語るアンモナイト」

「北海道化石が語るアンモナイト」早川浩司著、北海道新聞社、2003年5月、ISBN4-89453-257-3、2800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20031011】
●「北海道化石が語るアンモナイト」早川浩司著、北海道新聞社

 中生代化石の王様として化石ファンに親しまれているアンモナイトについてまとまった内容の本が出た。たいていの化石の本にもアンモナイトについては書かれているが、なかなか全体像がつかめる本はなかった。この本は、そうした不満に見事に応えてくれる。
 表題には「北海道」と名打っているが、多くの標本が北海道産というだけで、内容的にはアンモナイト全般について書かれた本である。〈アンモナイトの構造〉〈化石の産状〉など特にくわしい。 ここで、しっかりとアンモナイトの基本が頭に入る。「異常巻きアンモナイト」は著者の研究テーマ。挿絵や写真が豊富に取り入れられているので、少し固い文章もたいくつしないで読める。化石採集法の記載も役に立つ。著者は、近所での採集会開催、講演活動など普及にも力を入れている。
 
 お薦め度:★★★★  対象:化石マニアの中高校生以上

【瀧端真理子 20031117】
●「北海道化石が語るアンモナイト」早川浩司著、北海道新聞社

 アンモナイト化石の写真や、筆者が作成したユーモアあふれる図版が盛り込まれた美しい本。北海道の地質、アンモナイトの構造、異常巻きアンモナイト、ノジュール・亀甲石・アンモナイトの方解石結晶が説明され、アンモナイトを全く知らない人間でも、地質の中に隠された宝ものの世界を垣間見ることができる。クリーニングの方法や観察の裏わざが披露され、「博物館へ行こう!」のメッセージには、”たまり場”としての博物館への願いが込められている。巻末の「化石が楽しめる博物館」一覧を手がかりに、アンモナイト化石をたずねる旅もステキだろう。趣味を仕事にしてしまった幸福な人生がここにある。
 
 お薦め度:★★★  対象:丁寧な本づくりを学びたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]