友の会読書サークルBooks

本の紹介「法医昆虫学者の事件簿」

「法医昆虫学者の事件簿」マディソン・リー・ゴフ著、草思社文庫、2014年6月、ISBN978-4-7942-2057-8、900円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20150225】
●「法医昆虫学者の事件簿」マディソン・リー・ゴフ著、草思社文庫

 殺人事件の捜査方法として新しい法医昆虫学。アメリカ法医昆虫学評議会の設立(1996年)メンバーの一人である著者が、数々の経験を積みながら捜査方法を確立していく様が描かれる。具体的には、死体を食べるハエなどの昆虫の発育段階から死後経過時間を決定したり、生息環境が特異的な昆虫から殺害現場を特定したりすることである。気象条件や遺棄方法、遺棄場所によって昆虫の発育パターンは変動するため、実際の殺人事件のみならず、ブタを使って腐敗分解過程のデータを蓄積する研究がおこなわれているそうだ。著者はユーモアがあり、情緒的な面は描かずに事実のみが具体的に詳細に述べられるため、からりと読める。

 お薦め度:★★★  対象:死体分解者としての昆虫を知りたいひと

[トップページ][本の紹介][会合の記録]