友の会読書サークルBooks

本の紹介「人と森の物語」

「人と森の物語 日本人と都市林」池内紀著、集英社新書、2011年7月、ISBN978-4-86064-328-7、740円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【六車恭子 20130222】
●「人と森の物語」池内紀著、集英社新書

 巻末に著者による「緑の日本地図」が添えられている。人がつくり、手入れしてきたユニークな森が北海道から沖縄まで列島を縦断した記録である。人が長い年月、森と行き来し重ねた文化的遺産のカタログである。英断を持った人がその森の窮地を救い、今につなげた豊かな恵みの森の物語といえそうだ。生活の中から掬い上げ、ほんの少し英断を持った人の機転で守られた物語・・・。
 曲がった木を巧みに梁に組み込む「梁賛段」の技法を確立した気仙沼の大工の気風は3.11の震災でも奇跡をかいまみせた。押し寄せる津波に流されながらも家屋は別の地点で見いだされたと言う。北杜夫の母校旧制松本高校のキャンバス跡地にそびえるヒマラヤ杉の並木の植樹は、樹木が放つフィトンチッドの効力を知る二代目校長の英断のよるもの。埼玉県深谷にある「王国の森」はかって渋沢栄一に寄って着手され、放置された跡地を蘇らせた土地と人の新たな出会いの賜物だったでしょう。人によって280年もの間掘り起こされた別子銅山の地をふたたび「山を元に返す」判断をした時の支配人の決意…、その土地と人の奇跡の出会いから生まれた物語がここにある。

 お薦め度:★★★★  対象:森を知るもうひとつの指針を求める人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]