友の会読書サークルBooks

本の紹介「人はクマと友だちになれるか?」

「人はクマと友だちになれるか?」太田京子著、岩崎書店、2004年7月、ISBN4-265-02744-X、1200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【六車恭子 20050222】
●「人はクマと友だちになれるか?」太田京子著、岩崎書店

 近頃人里でクマが頻繁に目撃されるようになった。加えて秋のドングリの不作も追い討ちをかけた。本のタイトルはそのニュ−スに接する度に私たちの胸に去来する命題だ。軽井沢の別荘地で活躍するクマを監視追跡し、人とクマの共存を探るピッキオを取材し、私たちに何ができるかを探ろうとした体験記だ。「人とクマの間の通訳になる」を信念に「クマの目」を持つ彼らはゴミ問題のエキスパートでもある。
 クマの住む豊かな森を貧しくしたのは大型林道を作り続けた人的結果、野生とのつき合い方を見失って来たのも人の傲慢さのせいなのでしょう。
 子どもの頃、北海道で檻に閉じ込められたヒグマを見た時の胸の閊えを、著者はこうしてクマ問題から見える世界の再構築を訴えてくれる。野生とつき合う方法を考えさせてくれる好著。

 お薦め度:★★★  対象:しっかり物事に取り組むと世界の連係が見えると実感してみたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]