友の会読書サークルBooks

本の紹介「左対右 きき手大研究」

「左対右 きき手大研究」八田武志著、化学同人、2008年7月、ISBN978-4-7598-1318-0、1700円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20120824】
●「左対右 きき手大研究」八田武志著、化学同人

 運動能力や音楽などの才能、寿命、記憶力などに、利き手がどう影響しているか。テレビや雑誌にはよく載ってる話題だけど、たいていはとてもいい加減。真面目な利き手研究を紹介しつつ、利き手についての話題がどこまで信頼出来るのかを考えさせてくれる一冊。
 スポーツや音楽の才能と利き手の関係、寿命と利き手の関係、記憶や文化と利き手の関係などは楽しく読める。利き手成立のメカニズムが紹介される。利き手決定メカニズムの謎、左利きの矯正の是非などの話題もあり、最後は動物の利き手の話。とにかく蘊蓄盛りだくさん。

 お薦め度:★★★  対象:左利きは短命であると聞いて、ほんま!?と思った人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]