友の会読書サークルBooks

本の紹介「変形菌ずかん」

「森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん」川上新一著・伊沢正名写真、平凡社、2013年6月、ISBN978-4-582-53523-5、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【釋知恵子 20130822】
●「変形菌ずかん」川上新一著・伊沢正名写真、平凡社

 ちょっと和風な着物柄にも思える表紙から乙女な感じの本である。かわいい変形菌の写真が載った写真集だろうと思って読んでみたら、なかなかどうして、変形菌の基本をきちんと紹介した本だった。変形菌の一生、移動する様子、採集・標本の作り方など、変形菌ってなんかおもしろそうと思って手にとった人には一通りの基礎知識を与えつつ、その魅力もしっかり語る。特に後半の図鑑部分は、各説明が楽しく、「小人がマンボを踊るときのマラカスみたい」「茶色いベレー帽」「抹茶のモンブラン」とか、この著者の説明と一緒に変形菌の名前を覚えられそう。電車の中で、変形菌のかわいらしさを振りまくように、読んでみたくなる。

 お薦め度:★★★★  対象:小さいものが好きな人に

【萩野哲 20131018】
●「変形菌ずかん」川上新一著・伊沢正名写真、平凡社

 図鑑なので、感想文というか何というか・・・以前に出版された類書*との比較を試みました。
*「日本変形菌類図鑑」 萩原博光、山本幸憲著、伊沢正名写真、平凡社、1995年7月、ISBN4-582-53521-6、3800円+税
以後、今回の課題図書を?、前書を?とします。何と、?と?は出版社や写真担当が同じ! 
・価格: ?1600円、?3800円(税含まず)
・ページ数: ?127、?163
・収録種数: ?123、?271
・写真数: ?184、?212
・製本: ?並製、?上製
・構成: ?知る、探す、見る、楽しむ、など、?概論、分類順の解説(検索表付き)、用語など
以上、特徴として?はより学術的な本であるのに対し、?はより総合的な一般書となっており、専門家でなければ、コストパフォーマンス的に?がお得かと思いました。

 お薦め度:★★★  対象:いろんな生命の不思議に興味がある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]