友の会読書サークルBooks

本の紹介「ヘビのひみつ」

「ヘビのひみつ」内山りゅう著、ポプラ社、2009年2月、ISBN978-4-591-10748-5、1200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20090421】
●「ヘビのひみつ」内山りゅう著、ポプラ社

 ヘビにとことん密着した写真本である。まず、表紙のクローズアップ写真に引きつけられる。静かなまなざしのヘビの顔、美しい眼と不気味に光り輝くウロコ、冷静な生きもの象徴である。脱皮の写真も見事。目が白くなり、やがて口の先からするすると皮をぬいでいく。ヘビは水中を泳ぐのも、木登りも得意。その秘密はおなかのウロコにある。お腹のウロコは特別仕立てだ。「ぱくっ!」、あっ、ネズミをしめころしてまるのみだ。口からこぼれ落ちそうなにわとりの卵もなんなく「ごっくん!」。伸縮自在な皮膚が功をそうしている。は虫類のかくされた生態が見事に写し出されている。

 お薦め度:★★★  対象:へび好き、へび嫌いのあなたへ

[トップページ][本の紹介][会合の記録]