友の会読書サークルBooks

本の紹介「ハトはなぜ首を振って歩くのか」

「ハトはなぜ首を振って歩くのか」藤田祐樹著、岩波科学ライブラリー、2015年4月、ISBN978-4-00-029637-3、1200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20150826】
●「ハトはなぜ首を振って歩くのか」藤田祐樹著、岩波科学ライブラリー

 あれは5年前、生まれて初めてバードウォッチングに参加した折のこと。ハトを見て博物館の先生が「なぜ首を振って歩くのか、聞いてはいけません!」。見慣れたハトの首振りの理由が、解明されていないなんて不思議。もともと人類学を専攻していたという著者は、二足歩行という共通項からヒトからトリへ研究対象を移し、現在は首振り研究者を自認。V字首振りのコアホウドリや、水中で首振りるカイツブリなど、さまざまな首振りに首を突っ込んでおられる模様。目が横についている鳥たちは、視覚のブレを軽減するために首を振っていて、さらに歩行の安定性や採食行動が首振るか否かを分けているのだそうだ。ただ、いろいろなパターンがあって単純なものではなさそう。ちなみにセキレイの尾振りも、「聞いてはいけません!」だったけれど、本書にはその謎解きも登場する。

 お薦め度:★★★★  対象:ハトに「なんでやねん」とつぶやいたことのあるひと
[トップページ][本の紹介][会合の記録]