友の会読書サークルBooks

本の紹介「働かないアリに意義がある」

「働かないアリに意義がある」 長谷川英祐著、 メディアファクトリー新書、ISBN978-4-8401-3661-7、2010年12月、740円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20120426】
●「働かないアリに意義がある」 長谷川英祐著、 メディアファクトリー新書

 ビジネス書ばかり出ている新書。マスコミが喰い付きそうなタイトル。ライターが書いたいいかげんな本かと思いきや、一線の研究者が書いたアリの社会、昆虫の社会性の入門書。初歩から最新成果までを、ややこしい数式・グラフを使わずに紹介してくれる。
 アリの社会には、ある割合で働かないアリがいる。働かないアリといっても、働きたくても仕事にありつけない個体、最初から働く気のない個体。そういう個体がいると社会はどうなるのか。アリを使った個体と社会の研究は、意外なことに人間社会にも何かしら当てはまりそうで面白い。

 お薦め度:★★★  対象:個人・個体と社会の関係に興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]